日本の取引所のPublicAPIを調べて比較してみた

Chromeの拡張機能を作るときにいろいろ探していたので、せっかくなのでまとめてみたいと思います。

Chrome拡張機能
仮想通貨・暗号通貨取引に便利なChrome拡張機能を作って、Chrome Web Storeにて公開しています。Chromeをご利用の方は是非ご活用ください。

今のところデータを取得してみたいだけなので、気軽に使えるPublicAPIのみについて。
ニセエンジニアにはPrivateAPIを使う勇気はないのです。。。

BTCの今の金額を日本円で取得してみる

Coincheck

本ページは、coincheckが提供する取引所APIのドキュメントページです。

いまリリースしているChrome拡張機能の裏側は全てCoincheckです。
たとえば以下のようなURLをたたけば、BTCの日本円レートを取得することができます。

https://coincheck.com/api/rate/btc_jpy

シンプルに金額だけが返ってきます。

{
rate: "306013.0"
}

bitFlyer

bitFlyer Lightning は、ビットコインの取引所です。お客様同士の需要と供給から価格が決定されます。円を売ってビットコインを買う、反対にビットコインを売って円に替えることもできます。FX(外国為替証拠金取引)での取引と似ています。

https://api.bitflyer.jp/v1/ticker?product_code=BTC_JPY

Coincheckとは違い、金額以外の情報も取得できます。

{
product_code: "BTC_JPY",
timestamp: "2017-06-14T08:02:10.637",
tick_id: 1168708,
best_bid: 306000,
best_ask: 306010,
best_bid_size: 7.56649266,
best_ask_size: 0.01,
total_bid_depth: 4047.13564164,
total_ask_depth: 2516.30098481,
ltp: 306000,
volume: 61646.68220673,
volume_by_product: 8217.963257
}

Zaif

https://api.zaif.jp/api/1/ticker/btc_jpy

こちらも複数の情報を取得できます。
こう見てみると、bitFlyerで時刻を取得できるのは便利かもしれません。

{
last: 304875,
high: 314000,
low: 301190,
vwap: 307477.8234,
volume: 5751.1791,
bid: 304875,
ask: 304890
}

ちなみに上記データの意味合いは次の通り。

キー 詳細
last 終値 float
high 過去24時間の高値 float
low 過去24時間の安値 float
vwap 過去24時間の加重平均 float
volume 過去24時間の出来高 float
bid 買気配値 float
ask 売気配値 float

bitbank

bitbank.ccで利用可能な取引APIドキュメント

https://public.bitbank.cc/btc_jpy/ticker

他の3社に比べて、1階層深い形で取得できます。

{
success: 1,
data: {
sell: "309380",
buy: "305005",
high: "320917",
low: "304300",
last: "307192",
vol: "34.1609",
timestamp: 1497428118964
}
}

まとめ

  • 取得できる形式はすべてJSON
  • 各取引所で取り扱っている通貨ペアのデータしかとれないみたい(当たり前だとは思いますが…
  • 通貨ペアの設定が大文字小文字とか各社によって微妙に違う

各取引所のBTC金額を一覧で見れるChrome拡張機能とか便利かなー

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク