暴落時における個人的なスタンス

昨日から全体的に価格が下落中です。

各仮想通貨の下落率:2017/07/11
※昨日(2017/07/11)のキャプチャです。

イーサリアム・リップルに関しては、日経新聞に言及した記事がありました。

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

こういうふうに大手新聞で記事になるだけ、認知が広がっている証拠でしょうか。

こういう時はいろんな質問もいただきますし、自分が右往左往しないためにもw、今のスタンスを書き残しておこうと思います。
(あくまで個人的なスタンスであるため、投資は自己責任でお願いします)

結論

ホールド
(つまり、何もしない)

理由1:素敵な未来に投資してみたい

(これ、4月5日か・・・すごく最近・・・汗)

もちろんすべてを勉強して、すべてを理解できているわけではないですが、
リップルにおける海外送金など描いている絵がアタリマエになったとき、
便利でみんなにメリットがある状態になる気がしています。

XRPにおけるこれらだけでも、アタリマエに使えるようになったら便利ですよね。
(もしかしたら切り出して良い部分だけを言ってるのかもしれませんが)個人的にはこうなって欲しいので、
こういう未来に投資してみたい(持っていたい)、というミーハー精神でそもそも仮想通貨・暗号通貨を投資し始めましたし、その想いは今も変わっていません。

理由2:まだ素敵な未来にはなっていない

ということで、そういう便利な世界を目標にしているため、現状はもちろんアタリマエの状態になっていないという判断をしています。
現実ビットコインで支払いできるところも増えてきましたが、まだ一般的には全然認知もされてないと思います。

ビットコイン決済が日本国内で続々登場
ビックカメラはbitflyer、さらには「Airレジ」にcoincheckが裏側に存在しているようです。 ニュース元 ...

なので個人的には現状をバブルとも認識していません。

理由3:そもそも全て無くなっても良い金額しか入れてない

現在、投資(投機?)しているお金は全て無くなっても良い金額しか入れていません。
当初から変更した点で行くと、最初に10万入れたときから積み立て投資に切り替えていますが、そのスタンス自体は変わっていません。

じゃあいつ売るの?

とりあえず税金周りの法律が整ってから考えようと思っています・・・が、自分でこの文章を書いていて、仮想通貨・暗号通貨がアタリマエになったら、売る気がしてきました(あまりちゃんと考えてない)

引き続きホールドしながら、仮想通貨・暗号通貨周りを勉強していこうと思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク