ビットコイン決済が日本国内で続々登場

ビックカメラはbitflyer、さらには「Airレジ」にcoincheckが裏側に存在しているようです。

ニュース元

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。
お店でビットコインを使って買い物をすることが、ごく近い将来に普通の光景になるかもしれない。2017年4月5日、家電量販大手ビックカメラが旗艦2店舗でbitFlyerのビットコイン決済の導入を発表した。同日、26万店舗にサービスを提供中のPOSレジアプリ「Airレジ」がこの夏をめどにCoincheckのビットコイン決..

トリガーは「改正資金決済法」

やはり「改正資金決済法」がこのように広まるきっかけのようですね。

同じ日の2件の発表には共通のトリガーがある。ビットコインの法的位置づけを明確にした改正資金決済法が2017年4月1日より施行されて、いわば政府の“お墨付き”を得た形になったことがひとつ。法的位置づけが明確になったことで、大手事業者がビットコインを堂々と取り扱えるようになった。

お店でビットコインを使って買い物をすることが、ごく近い将来に普通の光景になるかもしれない。2017年4月5日、家電量販大手ビックカメラが旗艦2店舗でbitFlyerのビットコイン決済の導入を発表した。同日、26万店舗にサービスを提供中のPOSレジアプリ「Airレジ」がこの夏をめどにCoincheckのビットコイン決..

法律も徐々に整備されてきて、日本でも一般的になってくるかもですね。
決済に使えるとなると、もし仮想通貨で含み益が出た場合、そのまま仮想通貨で決済を払えば、含み益に対する税金払わなくていいってことなのかな・・・

なお、改正資金決済法についてはこちら。

2016年5月、国会で仮想通貨法が可決されました。これにより、1年以内に仮想通貨法が施行されます。でも、仮想通貨法って一体どういうものでしょうか。

追記

2017/06/09

パソコンショップがZaifと連携して、ビットコイン決済を始めるようです。

 パソコンショップ アークが、仮想通貨の決済に対応すると発表した。店頭とWeb通販で6月9日(金)11:00から利用可能になっている。
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク