ビットコイン分裂問題が再燃 他(仮想通貨ニュースまとめ:2017/07/31)

ビットコイン分裂問題が再燃

規格変更は8月にデータが圧縮され、11月に容量が拡大される予定だが、不具合防止で不安のある容量拡大には取引所などの慎重論も根強く、再び騒ぎが持ち上がる可能性が指摘されている。

 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」が8月1日に分裂する懸念がくすぶっている。システムの処理能力の改善をめぐる事業者の対立を受け、7月下旬に規格が変更されたが、これに満足しない中国の事業者が新規格を立ち上げる恐れがあるからだ。一方で“8月危機”が避けられても11月に分裂しかねないとの見方も浮上している。

やはりそう簡単には終わりそうもありません。
仮想通貨内の基軸通貨として、ビットコイン以外が出てくると全体への影響もちょっとは少なくなる気もしますが・・・

ブロックチェーン技術の利用

ブロックチェーン技術で改ざんされにくくすることで、新製品と旧製品の文書を共有化できる。これまでの文書の画像や文言を差し替えるだけで効率良く作れるという。

 ソフト開発のナレッジオンデマンド(東京・千代田、宮下知起社長)は仮想通貨などに使われるブロックチェーン技術を活用して取扱説明書の作成を効率化するシステムを開発する。9月にリコーに納入する。作成にかか

むしろ今までどうやって作っていたのでしょうか・・・笑
ブロックチェーン技術を使うべきことなのかはわかりませんが、ブロックチェーンという言葉がこうやって記事になるということでポジティブに捉えておきます笑

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク