「CryptoCurrency Market Capitalizations」の便利な使い方まとめ

仮想通貨界隈の方々にはおなじみの「CryptoCurrency Market Capitalizations」ですが、最近こんな使い方があったんだーということがあったので、備忘録として。

CryptoCurrency market cap rankings, charts, and more

一覧で日本円の価格を表示させる

通常だとUSDがデフォルトですが、JPYで表示させることも可能です。
USDと書いてあるプルダウンをクリックすると、他の通貨が表示されるので「JPY」をクリック。

表示される通貨をJPYに変更する

すると、JPYの価格で表示されます。

JPYが表示された一覧ページ

Volume (24h)もJPYになっていますね。

ウィジェットを利用する

こんなウェブサイト用のウィジェットをつくれます。

「Tools」の「Website Widgets」をクリック

ウィジェットを作る画面に行く

すると右側にソースコードが表示されるので、それを貼り付ければOKです。

ウィジェット用のソースコードが表示される

ちなみにこのページに行くとデフォルトがビットコイン(BTC)になっているので、他の通貨をここで選択することもできます。ウィジェットでXRPを選択する

日本円で表示させる

通常だとUSDがデフォルトですが、JPYで表示させることも可能です。
「Secondary Display Currency」のプルダウンをクリックして「JPY」を選択。

ウィジェットの表示をJPYに変更する

「JPY」を選択すると、「MCAP/Volume Display Currency」もJPYを選択できるようになるので、こちらも「JPY」をクリック。

「MCAP/Volume Display Currency」もJPYに変更する

ブログにちょっと貼り付けるのも便利ですね。
ちなみに「CryptoCurrency Market Capitalizations」のTwitterはこちら
@CoinMKTCap

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク