ブログに仮想通貨チャートを貼り付ける方法

ブログにチャートを貼り付けてみたいなと思って調べてみたところ、
TradingViewというのが良さそうなので使ってみました。

あなたのウェブサイトやブログに無料のチャートウィジットを設置してみましょう。TradingViewによるライブ価格配信の簡単なウィジットです。

完成形

XRP/USDT


市場相場は
TradingView.com
によって提供されています


貼り付ける方法

「マーケットオーバービューと、プライスボード」を利用する

このチャートを貼り付けるためには、TradingViewのサイトに行って「マーケットオーバービューと、プライスボード」の部分でウィジェットを作成します。

TradingViewの「TradingViewのマーケットオーバービューと、プライスボード」

最初は「最先端のリアルタイムチャートウィジェット」で試してみたのですが、チャートがレスポンシブにならない(正確には、レスポンシブを指定すると縦幅が縮んでしまった)ため、こちらのグラフを利用するようにしました。

表示したい仮想通貨を選ぶ

「設定」の部分で表示したい仮想通貨を選びます。

XRPを検索

チェックマークをクリック

いらないものは「☓」を押して消していきます。

FXタブを削除する

以下が「仮想通貨」タブを作って、「XRP/USDT」だけを残した状態です。

「仮想通貨」タブを作って、「XRP/USDT」だけを残した状態

貼り付けるチャートの仕様を決める

レスポンシブにしたい

以下の「自動サイズ」の部分にチェックを入れます。

チャートをレスポンシブにする

取り急ぎ、私が設定したのはこれぐらいです。

貼り付ける

「適用」ボタンを押したあと、下の方に表示されているコードを張りつけます。

埋め込みコード

ちょっとカスタマイズ

このままで貼り付けると、何故か高さが以下のように縮んでしまいました。

縦幅が縮んだチャート

なので、「”height”: “100%”,」の部分を「”height”: “500”,」に指定すると完成形になりました。

気になったところ

仮想通貨の種類によっては、JPYに対応していたりしていなかったりとマチマチでした。
対応するものが増えていくと、更に便利になりますね。楽しみです。

追記

2017/07/10

「マーケットオーバービューと、プライスボード」という名前から「マーケット概要ウィジェット」に変更になっているようでした。
ご利用の際にはご注意ください。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク