G20で仮想通貨に対する資金洗浄対策

G20で仮想通貨に対する資金洗浄対策

G20は、仮想通貨交換業者への免許・登録制の導入や顧客の本人確認の徹底などの規制導入で一致。参加国以外にも、同様の規制を求める。資金洗浄以外についての規制は、7月に開くG20の会合に先送りした。

 アルゼンチン・ブエノスアイレスで開かれていた主要20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は20日、仮想通貨に対するマネーロンダリング(資金洗浄)対策を確実に進めることを盛った共同声明を採択し…

一時的に規制が強くなっても、市場が正常化するなら歓迎します。

トランプ米大統領、ベネズエラの仮想通貨の取引禁止

南米ベネズエラ政府が発行する仮想通貨の取引を禁じる大統領令に署名した。仮想通貨を用いて米国の経済制裁回避を狙うベネズエラのマドゥロ大統領の戦術を封じる目的だ。

 【サンパウロ=外山尚之】トランプ米大統領は19日、南米ベネズエラ政府が発行する仮想通貨の取引を禁じる大統領令に署名した。仮想通貨を用いて米国の経済制裁回避を狙うベネズエラのマドゥロ大統領の戦術を封じ

こちらも仮想通貨規制の話だけど、ほぼ政治の話だった。。

仮想通貨の流出被害、17年6.6億円

流出した仮想通貨はビットコインが85件と最も多く、リップルが55件、イーサリアムが13件など。警視庁などが不正アクセス禁止法違反容疑などで捜査を進めている。

 仮想通貨の個人アカウントを狙った不正アクセス事件が2017年に149件あったことが22日、警察庁のまとめで分かった。不正送金の被害総額は約6億6240万円相当だった。仮想通貨の不正送金被害に関する年

ビットコインの次はリップルが狙われてるのですね。
2段階認証など自分でできるセキュリティ対策はやっておいたほうが良いですね。

スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク