【2017年分確定申告】仮想通貨の確定申告の仕方を勉強する

そろそろ確定申告の時期。
私も2017年にトレードを複数回やってしまったため、やらないといけないことになっています。。。

といってもよくわからないというのが正直なところなので、調べたことを備忘録として残してみます。

考え方の勉強

国税庁公表内容

仮想通貨に関する所得の計算方法等について(情報)

とにかくコレを読み込んでいます。
今は移動平均法の勉強中・・・

ニュース記事

昨年11月下旬から爆上げした仮想通貨。スマホで手軽に売買できることから多くの方が利益を享受したのではないでしょうか。特に少額の購入にもかかわらず資産総額が億になった「億り人」は誰もがうらやむ存在です。そこで、年末調整組のサラリーマンや学生
2017年4月に改正資金決済法(仮想通貨法)が施行されてから、初めての確定申告シーズンが訪れる。ビットコインを代表格とする仮想通貨はこの法律により「貨幣」に認定され、金融庁は仮想通貨取引所を登録制にすることで監督機能も強化した。
「仮想通貨の取引で得た利益は、会社であれば法人税、個人なら所得税と住民税が課税されます。所得税にもいくつか種類がありますが、雑所得かつ総合課税(他の所得と合算して課税する方法)が原則」そう語るのは、自身も仮想通貨を所有し、関連セミナーも行う八木橋税理士。

仮想通貨計算ツール

便利な計算ツールも続々出てきているようなので、こちらも調べてみます。

ツールまとめ

複数のツールに対してのまとめ記事。
まずはどういうツールがあるのかを確認したい方へ。

「仮想通貨元年」と言われた2017年。ビットコインは1年で10倍以上に高騰、またアルトコインでは100倍以上になった通貨も複数あり、取引で利益を得た方も多数おられることかと思います。仮想通貨業界の進歩・拡大...
2018年の年明けにいくつかの企業から、「仮想通貨専用の税金計算サポートツール」がリリースされているのはご存知でしょうか?これを使うことで、仮想通貨の確定申告がラクになるかもしれません。まだ、ベータ版やリリース前のものもありますが、5つのサービスに絞って簡単な使い方と機能をご紹介いたします。

Coin Tool

税理士監修による仮想通貨の確定申告用計算サービス「Coin Tool」が登場した。Coincheck、Zaif、bitFlyer、bitbankといった国内の取引所以外にも、Binance、Poloniex、Bittrex、krakenなどの海外取引所にも対応予定としている。

freee

freeeは、クラウド会計ソフト「freee」における仮想通貨の確定申告について、2月上旬に対応を予定していると発表した。

何かあればこちらに追記していく予定です。
個人的には会計ソフトでMFクラウドを使っているので、MFクラウド内で計算できるようになって欲しい・・・

このツール使うぞ!と決めたら次はこんな感じ。

追記

2018/02/20

実際に確定申告が始まったことにより、関連記事も増えてきました。

今回の確定申告では、活発になっている仮想通貨取引への課税が注目されている。学生や主婦でも申告が必要になる可能性があり、国税当局は申告漏れへの注意を促している。

 2017年分の所得税の確定申告の受け付けが16日、全国の税務署などで始まった。給与が2千万円を超えるサラリーマンや給与以外に年間20万円を超える所得がある人、個人事業者などが対象。3月15日まで。一

確定申告の対象になっているかどうかも気づいていない人とか多いかもしれないですね。。

確定申告が必要な仮想通貨ユーザーは、「とりあえず、自分でやってみる感じです。仮想通貨同士で交換しても、税金がかかるのは、予想していなかったので、大変です」、「税理士の人と話してやっています。(自分だとできない?)わからないので…」などと話した。

わたしも税理士さんと話しましたが、税理士さん自身もほぼ初めてなので大変、とおっしゃっていました。

金融庁の立ち入り検査後、税務署も税務調査に入り、その顧客リストを入手するだろう。結果、売買益と確定時期が税務署にわかるので、その対象になっている人は確定申告の準備が必要となる。

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

そうなりますよね。

2017年、大きな話題となった仮想通貨。そのブームは今年も続きそうです。そんな仮想通貨にいち早く目をつけ、すでに利益を手にした人もいるのではないでしょうか。そうなると、気になるのは「税金」です。仮想通貨で利益が出た場合、納税の有無はどのように判断すれば良いのでしょうか。仮想通貨で納税が必要なケースについてまとめてみまし...
仮想通貨「税金」の誤解…「交換や現金化は非課税」「他の所得と損益通算できる」|仮想通貨取引所コインチェックで仮想通貨「NEM」が大量に不正流出した問題などを受け、何かと話題の仮想通貨。確定申告シーズンを迎えて税理士への相談も増えているという。どのような相談が目立ち、どういった誤解が多いのか。仮想通貨関係の相談を受ける複...
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク