ビットコイン急落(今日のニュースまとめ:2017/12/25)

ビットコイン急落

米国勢を中心に高値警戒感を強める投資家が利益確定売りを急ぎ、代表的な仮想通貨ビットコインの先週の下落幅は約5000ドル(約57万円)と週間で過去最大を記録。22日は1日の下落率が29%となり、リーマン・ショックなど他の市場の歴史的な急落記録を超えた。

 仮想通貨バブルに転機が訪れている。米国勢を中心に高値警戒感を強める投資家が利益確定売りを急ぎ、代表的な仮想通貨ビットコインの先週の下落幅は約5000ドル(約57万円)と週間で過去最大を記録。22日は

アメリカの利確勢が売って急落したという説。
この下がり方のインパクトは相当だったらしく、色んなサイトで記事になっていました。

今年の初めから急激に値上がりした仮想通貨「ビットコイン」が22日に一時、1日で価格の3分の1にあたる6000ドル以上値下がりし、マーケットでは警戒感が強まっています。アメリカの仮想通貨の情報サイト「コイン
インターネット上でやりとりする仮想通貨の代表格、ビットコイン(BTC)の価格が急落している。今月中旬から1週間たらずで一時、半分近くまで下落した。世界中の金融関…(2017年12月23日 20時13分00秒)
(Bloomberg) -- 仮想通貨ビットコインの22日の下落率は一時約30%に達し、飛び付いて買った投資家は過去最大級の試練に直面している。 ビットコインは18日に1万9511ドルの過去最高値を付けて以来、4日連続の大幅安。ブルームバーグがまとめる総合価格に基づくと他の仮想通貨も同様に急落し、日中安値でイーサリアム...

アメリカにおけるビットコインの信頼度

5. どちらをより信頼している?(900人)

・ビットコイン─ 42.89%
・証券取引─ 57.11%

仮想通貨の中で最も時価総額が高いビットコインについて、米国の消費者はどのような考えをもっているのだろうか?アンケート調査の結果、購入に関心を持つ人は半数を超え、信頼度においても証券取引との差をかなり縮

あくまで調査なので信頼性はわからないですが、以前より一般化してきていることは事実かと。

XRPの評価

「より速く、より安く」あることを重視するライトコインやイーサリアム、XRPなど第2世代の仮想通貨はビットコインをアウトパフォームしている。

リップルが独自に開発した仮想通貨「XRP」の価格はなお上昇を持続している。

ビットコインより◯◯が優れています。みたいなところはわかりやすい。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク