DMMの仮想通貨取引所、1月11日から口座開設申込み開始(今日のニュースまとめ:2017/12/20)

DMMの仮想通貨取引所、1月11日から口座開設申込み開始

2018年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、新たな仮想通貨取引サービスの口座開設申し込み受付を開始すると発表した。

DMM.comは、DMMグループである東京ビットコイン取引所からDMM Bitcoinに12月12日付で商号変更を実施し、2018年1月11日より「DMM Bitcoin」ブランドにて、新たな仮想通貨取引サービスの口座開設申し込み受付を開始すると発表した。

DMMも正式参入。
DMMはFXもやってるので、使い勝手良いかもですね。

XEMの値上がり要因は

中国の騰訊控股(テンセント)が提供するスマホ向け無料対話アプリ「微信(ウィーチャット)」にネムで決済する電子財布(ウォレット)が21日から提供開始となることを受けて、流動性拡大を期待した買いが入った。

 インターネット上の仮想通貨「NEM(ネム)」が上昇している。テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif」によると、19日に一時127円台まで上昇し、節目の100円を超えて最高値を付け

デマだ、という話もありましたが、結局要因はコレっぽい。

ライトコイン生みの親が売却

ライトコイン(LTC)の生みの親であるチャーリー・リー氏は、保有していた同通貨を全て売却した。

規模で5位の仮想通貨、ライトコイン(LTC)の生みの親であるチャーリー・リー氏は、保有していた同通貨を全て売却した。ライトコインは今年に入って75倍値上がりしている。

相場には影響がなかったそう。

ちなみに今のチャートはこんな感じ(1ヶ月レンジ)

ライトコインのチャート:2017/12/21

追記

2017/12/25

ビットコインと競合する主要仮想通貨の一つ、ライトコインを生んだチャーリー・リー氏が、自ら所有するライトコインの売却と寄付を発表した。その理由とは。

2017/12/22

ライトコインの創始者チャーリー・リー氏が20日、米掲示板Redditとツイッターで、自身が保有するライトコインを全て売却するか寄付したと発表した。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク