ビットコインが上がり続ける理由(今日のニュースまとめ:2017/10/26)

ビットコインが上がり続ける理由

Bitcoin価格上昇の本質について、中国での視点からいえば決済や個人間取引などインフラとしての活用よりも、純粋に投資目的または価格上昇によるキャピタルゲイン狙いでの取引がほとんどであることを述べている。

Bitcoin分裂騒動が落ち着いてから1カ月ほどが経過した今年2017年9月上旬、中国がBitcoinを含む仮想通貨の国内での一斉取引規制を打ち出したことで大きな混乱が生じている。この動きを受けて一時Bitcoinは大幅な下落を見せたものの、現在では落ち着きを取り戻しただけでなく、むしろさらなる価格上昇の途上にある。

取引所が停止されているにもかかわらず伸びているということは、海外の取引所を使っているんですかね。

ブロックチェーンの使いみち

『ブロックチェーンはインターネット以来の技術革新』というのも頷けます。金融以外に、土地登記や電子カルテ、出生証明などに転用できるし、チケットサービス、オークション、貴金属管理、美術品真贋、遺言、IOT、電力サービスなどに、『ネットワーク共有型データベース』として普及するでしょう

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

実際に使われるのは10年後ぐらいかなー。

仮想通貨決済でビットフライヤーが連携

日本ユニシスの子会社、キャナルペイメントサービス(東京・江東)が中国の電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を国内の店舗で利用できるサービスを提供している。ローソンやドン・キホーテなど1万7千店強が導入している。

 仮想通貨取引所のビットフライヤー(東京・港)とシステム開発大手の日本ユニシスが仮想通貨ビットコインの決済サービスで連携する。年内にも日本ユニシスの電子決済サービスでビットコインを利用できるようにし、

1万7千店はエアレジには数として届かないですが、そこそこ大きな数ですね。
税金関係で支払をする気にまだなれないですが・・・

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク