仮想通貨のマイニング拠点が鹿角市に(今日のニュースまとめ:2017/10/24)

仮想通貨のマイニング拠点が鹿角市に(今日のニュースまとめ:2017/10/24)

仮想通貨のマイニング拠点が鹿角市に

秋田県鹿角市は23日、ITベンチャーのマイナーガレージ(本社東京、小俣卓也社長)を誘致企業認定したと発表した。同市八幡平に事業所を置き、仮想通貨の取引データを記録・承認するマイニング(採掘)の拠点とする。

http://www.sakigake.jp/news/article/20171024AK0010/

マイニングは電気代が高いとペイしないみたいなんですが、どうなんでしょうか。
土地代とかが安くなることでペイするんですかね。

追記

2017/10/26

鹿角市は、地熱・水力・風力など再エネが豊富なうえ、年間の平均気温が低くマイニング用の計算機の発熱に対して高い排熱・冷却効率も期待できるという。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/102509640/?rt=nocnt

そうなんですね、鹿角市すごい。

エネルギー分野でのブロックチェーン

たとえば一般に、電力会社が顧客からの支払いを受け取るのには60日から80日かかる。ブロックチェーンをベースとしたシステムを使えば、電力会社は即時に支払いを受け取れるようになるので、少額の資金で発電事業を開始し、運用できるという。

https://www.technologyreview.jp/s/59084/how-blockchain-could-give-us-a-smarter-energy-grid/

ブロックチェーンはいろいろなところに使えそうですね。楽しみ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。