仮想通貨は円の代わりになるか(今日のニュースまとめ:2017/10/20)

仮想通貨は円の代わりになるか

仮想通貨は通貨という名称はついていても、国内では投機的な対象物となっており、ブロックチェーンという仕組みは応用が可能で普及する可能性はあるものの、仮想通貨自体が「通貨」として普及する可能性は極めて低いと言えよう。

ビットコインの価格が乱高下するなどしていることで、再びビットコインなどの仮想通貨がニュースなどでも取りあげられている。しかし、特に日本ではこの仮想通貨が法定通貨である円に取って代わるような事態となることは考えづらい。 日本国内での「円」の利用については、まった

個人的には逆で、意外と使われるんじゃないかと予測。

リップルの課題

XRPの問題点はマイニングというプロセスを経ない関係で、自然かつ徐々にXRPを放出してゆくメカニズムが無いと言う点です。

今日、警視庁が仮想通貨関連会社「リップルトレードジャパン」代表を強制捜査したと日経が報じました。まず断っておきたいのは、リップルトレードジャパンは「ここでリップルが買えます」という事以外、リップルとは何の関係もなく、勝手に容疑者がリップルを社号に使っただけとい

コレはそうだと思う。
ソーシャルで広がるようなモデルはリップルにはまだない気が。

SBIと英Wirexが合弁会社

日本で仮想通貨決済カードを発行していくとともに、アジア地域において仮想通貨、分散台帳技術(DLT)、決済といった分野において共同事業を展開していく予定だ。

SBIホールディングスと仮想通貨の決済サービスを提供する英国のWirex Limited(Wirex)は10月20日、共同でアジア地域を事業対象とした合弁会社「SBI Wirex Asia株式会社」を設立することに合意したと発表した。

ついに日本で使える仮想通貨決済カードが生まれそうですね。
税金の問題もありつつ、かなり楽しみ。

その他の記事

たくさん記事があがっていたので記録。

国内外ベンチャー企業投資、ネット証券、保険、銀行など総合金融業のSBIホールディングス【8473】は、米国で仮想通貨のデリバティブ関連事業を行うBCause LLC(以下、BCause社)へ出資すると発表した。 この出資により、BCaus...
 SBIホールディングスは英ワイレックスと合弁で、仮想通貨のプリペイドカードを手掛ける新会社「SBI・ワイレックス・アジア」を設立する。日本を含むアジア地域で仮想通貨の決済サービスを提供する見通し。既
国内外ベンチャー企業投資、ネット証券、保険、銀行など総合金融業を展開しているSBIホールディングス【8473】と仮想通貨の決済サービスを提供する英国のWirex Limited(以下、Wirex社)は、共同でアジア地域を事業対象とした合弁会...
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク