SBI、仮想通貨「Sコイン」発行 他(今日のニュースまとめ:2017/09/29)

SBI、仮想通貨「Sコイン」発行

独自の決済基盤システムを開発することで、送金コストをほぼゼロにするほか、決済代金の即日現金化などを可能にする。店舗側の決済コストを抑え、決済を目的とした利用者を増やす狙い。

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

「送金コストをほぼゼロにする」という文言とSBIがセットになると、Rippleを想像しちゃうのですがどうなんでしょう。
決済を目的として作られるコインとなれば、クレジットカードと競合しそう。

ビットコインとの時価総額を比較するツール

名の知れた仮想通貨からマイナーな仮想通貨まで、ビットコインとの時価総額を比較するサイズで仮想通貨群を1枚の地図のようにまとめた仮想通貨データベース「CryptoMaps」が登場

仮想通貨のパイオニアであるBitcoin(ビットコイン)の成功を受けて、雨後のたけのこのように次々と現れてもはや収拾がつかないほど多くの仮想通貨が誕生しています。数多くの仮想通貨の情報をまとめて検索しやすくするべく、名の知れた仮想通貨からマイナーな仮想通貨まで、ビットコインとの時価総額を比較するサイズで仮想通貨群を1枚...

仮想通貨周辺サービス登場。
こういうのは増えていきそう。

Watch the heatmap of cryptocurrency prices, market capitalizations, and volumes on COIN360. Add our widget to track the price of BTC, ETH, XRP, LTC, BCH, EOS, B...

法人における仮想通貨にかかる税金

法人はすべての収益と費用はひとまとめにして、法人としての利益(所得)を算出する。個人のように、仮想通貨の利益や損失と相殺することができないとする取り扱いは、法人にはない。

そうなんですね。
であれば法人化するのが結構メリットがあるのかなあとか思っちゃいますが。

シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。