最大年率2%のNEMレンディングサービス 他(今日のニュースまとめ:2017/09/09)

最大年率2%のNEMレンディングサービス

ユーザから預かったNEMでスーパーノードを構築・運用し、ハーベスト報酬・スーパーノード報酬(いわゆるマイニング報酬)を利息の原資にするものです。

株式会社イーサセキュリティのプレスリリース(2017年9月6日 18時40分) 最大年率2% 仮想通貨NEMのレンディングサービスを9月6日より提供開始

確かにNEMのハーベスティングなら、NEMを借りてボリュームを出すことによってこういうことができますね。
あとは年率2%以上原資が稼げるかというところでしょうか。

露バーガーキングが独自の仮想通貨発行

バーガーキングでフードやドリンクを購入したレシートをスキャン・送信すると受け取ることができるそう。

保有するコインはデジタルウォレットに保管され、1,700コイン溜まると好きなバーガーと交換してもらえる仕組みです。

Case: Whoppercoin ロシアのバーガーキングが発行する独自の仮想通貨『Whoppercoin(ワッパーコイン)』が話題となっています。 ビットコインの中核技術を原型とするデー

日本の感覚で行くと、ポイントだったりスタンプのような使い方。

このWhoppercoin(仮想通貨)は価格は変動するんでしょうか。
変動しなかったとしても、使いやすさを考えるとポイントより仮想通貨になってたほうがいいような気もしますが。

「Mr. Ripple」が名称変更

Mr. Exchangeでは、サービス内で自身のウォレット(ネイティブウォレット)を生成できるほか、ユーザーが所有している外部のウォレットを自身のアカウントに紐付け、1つの画面内で一元管理を行うことができる。

ミスターエクスチェンジは9月5日、仮想通貨取引所(以下、取引所)「Mr. Ripple」のシステムを全面的に刷新し、「Mr. Exchange(ミスターエクスチェンジ)」に名称変更すると発表した。サービス開始は2017年9月15日を予定している。

名称変更だけでなく、サービス内容も変わりそうです。
ウォレットを一元管理できるのは便利でよさそう。リリースされたら使ってみようと思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク