Ripple公式Twitterの発表内容

Ripple公式Twitterがカウントダウンしていた話の続報です。

Ripple公式TwitterのカウントダウンでXRPが高騰中?
$XRPが久々に高騰しています。 ※14:35現在 何かあったのか?と思い調べてみると、Ripple公式Twitterが何や...

ツイートされた内容

ツイートは以下でした。

ざっくりいうと、SwellというカンファレンスをRippleが今年の10月に開催。
そこに大物たちが登壇するよ!という感じでしょうか。

ここ最近、Rippleの顧客から、送金の世界において根本的な変革を起こすことにコミットしている銀行業界とブロックチェーン業界のリーダー達を集めて議論する場をRippleが作って欲しいとの声が上がっていました。その声に応えるために、本日、Swell〜未来はここにある〜をトロントにて10月16〜18日に開催を発表できることを嬉しく思います。

(中略)

米国連邦準備制度理事会の前議長(2006年〜2014年)であるベン・バーナンキ氏が、クリントン政権(1996〜2001年)とオバマ政権(2011〜2014年)において米国国家経済会議ディレクター及び国家経済アドバイザーを務めたジーン・スパーリング氏によるインタビューを受けます。
ワールド・ワイド・ウェブの考案者であるティム・バーナーズ・リー氏は”A Look Ahead into the Future of Tech”と題した公演を行います。

Introducing Swell by Ripple.

相場

この発表の影響か、価格自体は下がっています笑

XRPのチャート:2017/08/25

カウントダウンの割には、期待したような発表じゃなかったということでしょうか。
個人的には、会社として大物を呼んでカンファレンスができるというのは、それなりに力がないとできないと思うので良かったんじゃないかなあと思います。

一方で海外のカンファレンスに参加したことがある身としては、カンファレンス運営者(今回の場合はRipple社)がカンファレンスで自社のサービスを公表したりするケースはあまりなかった記憶なので、サービス内容の発表は無いんじゃないかなーと予想してみたり。

どちらにせよ、Ripple社の戦略が進んでいる、ということでHOLDを続ける予定です。

追記

2017/08/28

Bloombergで記事になっていました。

バーナンキ前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、世界4位の仮想通貨を手掛ける新興企業リップルが主催する10月のブロックチェーン・銀行関連会議で基調講演を行う。

10月のイベント、楽しみですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今から取引を始めようと思っている方にオススメ。
複数の仮想通貨を取り扱っていますし、
日本語で使いやすいです。
スポンサーリンク




シェアする

フォローする

この記事を書いていた人

この記事を書いた人


仮想通貨初心者。仮想通貨が面白そうだから、色々調べたり実際に買ったりしてみています。※発言内容は個人的なものです。いかなる責任ももてませんのでよろしくお願いいたします。
スポンサーリンク