ビットフライヤーがアメリカに進出 他(今日のニュースまとめ:2017/08/24)

ビットフライヤーがアメリカに進出 他(今日のニュースまとめ:2017/08/24)

ビットフライヤーがアメリカに進出

日本の取引所が米国に進出するのは初めてという。日本の利用者にとっては送金時の手数料が安くなる利点がある。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDC22H2J_S7A820C1EE9000/

アメリカに取引所が作られることによって、なぜ送金手数料が安くなるのだろうか・・・
続報で確認したいと思います。

ちなみにコインベースは1000万人以上の利用者がいるらしいです。すごすぎ。

IOTA(アイオータ)

SatoshiPayは、決済手段をビットコインから徐々にIOTA(アイオータ)という仮想通貨に移行すると発表した。理由は、ビットコインの送金手数料が増加していることだ。SatoshiPayは、IOTA財団と実証実験に取り組んでいる。

(中略)

最大の特徴は、送金手数料を無料にしていることだ。理論上は1秒あたりの取引数にも上限がない。

http://diamond.jp/articles/-/139639?page=4

IOTAについては以前ちょっと調べただけだったのですが、こういう動きがあったのですね。

イオタ(MIOTA)

送金手数料の話になると、すぐXRPが思い当たりますがどうなんでしょう。
IOTAについての別の記事があったので、勉強してみようと思います。

http://lhj.hatenablog.jp/entry/2016/09/15/115857

http://lhj.hatenablog.jp/entry/2017/01/27/160812


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。